東京都帰宅困難者対策条例が発令!2013年4月1日より


-  |  次の3件 »

セウォル号沈没事故の教訓 災害について今一度考えてみる


韓国の旅客船 セウォル号沈没事故は、人災であるということが明らかになるにつけ、亡くなった方たちは本当にお気の毒ですし、運が悪かったというだけでは済まされない、韓国という国の根本的な問題が噴出した事件でもありますね。


檀園高等学校は、反日教育の最たる学校だという事実も踏まえた上でですが、それでも生徒達には何の罪も無いんです。
本当にお気の毒としか言いようがありません。


セウォル号沈没事故は、楽しい修学旅行を一瞬で悪夢に変えた事件ですし、これは明らかに人災と言えますが、誰しもがこういった災害に遭う確率は同じである、ということが言えるでしょう。


東北震災も記憶に新しいですが、今の幸せな時間が、何かのきっかけで一瞬のうちに困難な状況に陥る事だってありうるわけです。


”備えあれば憂いなし”ということわざがありますが、人は得てして、自らが困難な状況に陥ってからはじめて、「備えておけばよかった・・・」と後悔する事のほうが多いように思えます。


クリクラの水 メリットもデメリットも!


ウォーターサーバは、通常の生活ではどちらかというと”贅沢品”かもしれません。

しかし、いつ何時身に降りかかるかもしれない災害時には、命をつなぐための”水の備蓄”につながります。


そして人は、いつ何時災害を被るかわからないし、その確率は等しく誰にでも平等に起こりうる、ということを忘れてはいけないでしょう。


ウォーターサーバーそのものは、災害時の備蓄水としてではなく、普段はおいしい水とお湯をいつでも利用できる、便利なキッチン用品として使うのが正しいわけです。

そういった普段の生活の中でも、万が一の時に家族の命を守れる”保険”も持っている・・・。

今の時代、いつ自分の身に災害が降りかかるかわからないものです。

とはいえ、ウォータサーバーは出来る限り、おいしい水を楽しむためだけに使いたいものですね。











タグキーワード
個人では何をすべきかカテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コストパフォーマンスでウォーターサーバーはこんなに差が出る!

ウォーターサーバーを提供する企業は、有名・無名問わずほんとうに数多くあります。

たくさんのウォーターサーバー企業があるため、どの業者に頼んだら最もコストパフォーマンスが良くなるのか?
イマイチわからないと思いませんか?


最もランニングコストが安い”天然水”のウォーターサーバーがこちら

⇒ 




一般的に、ウォーターサーバーを導入すると以下の費用が発生します。

・水の代金(平均12リットルで1500円くらい)
・電気代(平均で1000円/月)
・サーバーのレンタル料金(無料が多い)
・一ヶ月の最低注文ボトル本数(平均で2本〜3本)
・サーバーのメンテナンス料金(無料が多い)

電気代、サーバーレンタル料、最低注文ボトル本数、メンテナンス料金 これらはほぼ横ばいで、どのレンタルサーバー業者も特に大きな差は見られません(小さな差はあります)。


つまり、レンタルサーバー導入にあたっては、水代金が年間の費用の差に大きく影響してきます。


アクアセレクトは”天然水”でありながら、水の代金が1400円/12リットル
(レンタルサーバー業者は平均すると7リットルで1000円〜1200円程度です)


他にかかる費用を比べた場合、数ある”天然水”のレンタルサーバー業者に比べると、月平均で1000円以上は安く導入できます。

年間では1万円以上の差となってきます。


アクアセレクトは、レンタル料金もメンテナンス料金も0円ですし、1ヶ月の最低注文ボトル本数も最低限の2本のみ(1本という業者はほぼ皆無ですので最低は2本以上となります)。


最初にどのレンタルサーバー業者に頼むのか?

長く使う時のランニングコストを考えた場合、ここが最も重要なポイントです。













| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業や会社にもガイドラインを提案

企業・会社にも、災害時への心構えなどのガイドラインが表記されています。

災害時、電気や水道などが停まった場合にそなえ、必要な食料・水・簡易トイレ・衛生用品・燃料などの備蓄についても細かく説明されています。


あくまでも”備蓄量の目安”としてですが、

:従業員1人当たり1日3リットルを3日分(ペットボトル飲料)

主食:1人当たり1日3食を3日分(乾パン・カップ麺・アルファ化米・クラッカーなど)

毛布:1人につき1枚

などなど。

ほかにも有事の際に必要と思われるガスコンロやヘルメット、缶詰、自転車・・・・

帰宅困難時に、会社へとどまることになったときなどに備えて、考えられるものを普段から備えておきましょうね、という提案となっています。


また、災害時だけでなく平時からも、事務所内のガラス飛散帽子や家具類の落下防止、様々な工具などをチェックしておくようなチェックリストの作成も推奨されていますね。


東京都帰宅困難者対策条例が施行されたからといって、必ずやらなければならないというよりも、基本的にはガイドラインであって、あくまでも”参考にする”というものです。


とはいえ、企業・会社にとっては”大事な従業員であり人材”をまず守ること、これは大切な責任だとおもいますから、すでに率先して実施しているところもあるでしょう。

食料の備蓄はもちろん、水に関してはウォーターサーバーを導入する会社がものすごい勢いで増えているのが、3.11の経験からの危機感を表しているんでしょうね。

ウォーターサーバーを導入すると、水を別に保管するよりも、保管場所やメンテナンス費用の面においても低コストですし、常時新しい水を備蓄しているのと同じ事になります。

もちろん、各家庭においても同様の事が言えます。

3.11以来、ウォーターサーバーを申し込む世帯が急激に増えたのは、万が一の時に最低限の水を確保できるという安心感も手伝っているのでしょう。


ランニングコストが最もお得なウォーターサーバーがこれ


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 東京都帰宅困難者対策条例が発令!2013年4月1日より All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。